グリップシート通信第二号 2020年11月20日号

グリップシート通信
20201120日号)

 

世界の潮流は環境保護へ。乗り遅れ注意!!
グリップシートは世界基準の荷滑り防止シートです。

ただ1枚敷くだけで、驚きの荷滑り防止効果です!

他の包装資材を減らして環境に優しく

初めまして、螢札ぅ曠Α⊃型優好織奪佞龍疇です。

今年もあと残すところ
2か月を切りました。月日が過ぎるのは早いですね。
まだまだグリップシートについては勉強の毎日ですが、新人目線で感じた
身近で意外なグリップシートの使い方についてご共有します!

 

【最新】もう、病みつき。グリップシートの秘密こっそり教えます」
この
URLをクリックしてぜひ動画もごらんください!!

 

百聞は一見に如かず!

YouTubeに移動します]

https://youtu.be/Bcv0Yo2SaoI

 


 

 

*弊社社長・塚本のデスク


拭き掃除をしていて気付きました!

レタートレーの下にグリップシート!

1枚敷くことで、振動や通りすがりに手や体で押してしまってもそう簡単にはズレません!!

*玄関マットの下にも!


かなりの力がかかる玄関マットの下にもグリップシート!

オフィス同士の入り口が近いと、マットがずれて別の会社様のご迷惑になってしまうことも!

そんな時もグリップシートがあれば安心です

 

 

グリップシートは、輸送梱包の新スタイルです。
 

(株)セイホウは、仏・ENDUPACK社の日本総代理店です。荷崩れをおこしやすいパレット積みに対し、抜群の滑り止め効果を発揮する「グリップシート」。

同社の技術とノウハウを駆使し、さらなる物流改善に向けた新たな提案を行っていきます。ご不明な点・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

電話(052)934−7005 
FAX(052)934−7006 
Email:  seiho@seiho-corp.co.jp

 

 

2020.11.19 Thursday 11:21 | category:WORKS | comments(0) |
Congrats, Frederic! 2020年秋グリップシート製造元のEndupack社が新工場を竣工!

JUGEMテーマ:社長日記

 

みなさんおはようございます!

パッケージコンシェルジュHAKOYAの塚本です。

 

今日も朝からビッグな明るいニュースがあります。

全世界がコロナ渦中でスロー(あるいは)ストップモードの中、我がグリップシート製造元である

フランスのEndupack社が、フランスのルーアン市郊外にグリップシート新工場を竣工しました!! 

 

こちらは地元紙(フランス)に掲載された「なま記事」です。↓↓

 


 

 

本来ならば(コロナ騒動がなければ)、この記念すべき竣工式に私も参加予定でしたが、

友人でありビジネスパートナーの社長フレデリックと肩を組んで祝うことができないのはとても残念です。。。

でも日本のフラワーアレンジを送ります。パリ市内に日本人のフラワーアレンジできる方がいるようです。

もし、どなたか良いフラワーアーティストの方ご存知でしたら、ご紹介ください!!

 

むしろ、こんな不安定な時期だからこそ、

貨物事故や輸送事故を減らしたい、梱包の手間を減らしたい・・・などという事業者の皆様に朗報です。

確実にグリップシートの需要は、増えています。

 

グリップシートは、もともと、「危機管理」商材。

保険と一緒で、必要なものです。何か大きな事故があってからでは遅いのです。

大手企業様は知っています。

 

世界50カ国で展開中ですが、この日本でも確実に知名度が上がっています。

本当に、日本でユーザー様が増えること、嬉しく思います。

意識の高い企業様が多くなっていること、同時に環境への配慮に注力される企業様が多くなっていること、

さすが日本です!

 

さて、グリップシート通信を毎月2回(5日、20日)に配信しています。

知っている方も知らなかった方も、ぜひ、ご関心があれば登録くださいね。無料です。もちろん。

 

そして、グリップシートの使い方やメリットなど、ユーザー様目線でいろーーーーんな発信をしていきます。

こちらからご登録くださいね^^

https://www.seihohakoya.com/about/

 

今日は少し暖かい1日が戻るようです。

みなさん良い1日をお過ごしください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.11.19 Thursday 09:05 | category:WORKS | comments(0) |
東京パック2021に出展します^▽^ 於:2021年2月24日〜26日

JUGEMテーマ:社長日記

 

皆さんお元気ですか?

パッケージコンシェルジュHAKOYAの塚本です。

 

今日は何の日でしょうか?11月11日は1がゾロ目です。

そして秋田名物きりたんぽの日でもあるそうです!

きりたんぽ、といえば、秋田県鹿角市の「かづのきりたんぽ倶楽部」が制定され、きりたんぽを囲炉裏に立てて焼いている様子が

1111に見えるからだそうです。これから寒さも本格的になってまいります。そんな夜、家族や友人など大事なメンバーで

鍋を囲む機会も増えるでしょう。我が社の役員も秋田県出身です。

毎冬、秋田のきりたんぽ鍋を囲むのが楽しみなHAKOYAです。

 

さて、HAKOYAは、2月24日から26日の3日間、東京ビックサイトで開催される東京パック2021に出展します!!

真っ白なコーナーブースに素敵なVカット貼り箱を展示する予定です。(ブース番号は、後日お知らせします)

https://www.tokyo-pack.jp/list/detail.php?id=1163

 

来場いただいた皆さんには、ささやかなプレゼントをご用意しておりますので、

ぜひお立ち寄りくださいね!!!

 

最近は、コロナ、という言葉を発するのも疲れてきました。。

気持ちは前向きに、前向きなお客様と共に、パッケージのご提案と市場を盛り上げていきたいと思います!

 

Vカット貼り箱は、HAKOYAが得意としています。

ぜひ、これまでの作品、実績、そしてこちらの動画もご覧くださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=ASbSllGXkec

 

https://www.seihohakoya.com

制作実績(ページ中盤以降、スクロールで見れます!)

 

東京パック2021には、海外からお客様が集まる、アジア最大級の包装、パッケージの見本市です。

今日も一日素敵な1日をお送りくださいませ。

 

では!

 

 

 

 

 

2020.11.11 Wednesday 10:57 | category:WORKS | comments(0) |
グリップシート通信 2020年11月5日号

グリップシート通信
202011月5日号)

 

世界の潮流は環境保護へ。乗り遅れ注意!!
グリップシートは世界基準の荷滑り防止シートです。

 

ただ1枚敷くだけで、驚きの荷滑り防止効果です!

他の包装資材を減らして環境に優しく

 

 

こんにちは!螢札ぅ曠Δ離哀螢奪廛掘璽箸問い合わせ窓口担当・猪股です。

発売以来変わらず、世界の物流を支えているグリップシート。今後、使用事例などの情報を定期的に皆様にお届けしていきます。よろしくお願い申し上げます。

初回、まずはお久しぶりの方々のために基本情報のお届けからです。動画QRコード付き! 

「急ブレーキでも崩れない!GRIP SHEET 百聞は一見に如かず!」[YouTubeに移動します]


https://www.youtube.com/watch?v=O4uzKTVjf5w

 

 

グリップシートとは・・・?

・古紙100%の再生紙に特殊なコーティングを施した荷崩れ・荷滑り防止シートです。

FSC認証紙使用。(FSC Recycle)

・環境に優しいリサイクル可能商品です。古紙として資源回収されます。

・燃やしても有害物質を発生させません。

・繰り返し利用できます。
 

グリップシートの効果とは・・・?

・積荷を安定させ、スリップを防ぎます。

・他の梱包材を大幅に削減することが可能です。

・梱包にかかる時間を、大幅に削減することが可能です。

 

グリップシートは、輸送梱包の新スタイルです。
 

(株)セイホウは、仏・ENDUPACK社の日本総代理店です。荷崩れをおこしやすいパレット積みに対し、抜群の滑り止め効果を発揮する「グリップシート」。

同社の技術とノウハウを駆使し、さらなる物流改善に向けた新たな提案を行っていきます。ご不明な点・ご質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

電話(052)934−7005 
FAX(052)934−7006 
Email:  seiho@seiho-corp.co.jp

 

 

グリップシートの導入事例はこちらから

2020.11.06 Friday 17:15 | category:WORKS | comments(0) |
So cool!! HAKOYA製作による、世界一の印刷技術を施したVカット貼箱&ブック型貼箱

JUGEMテーマ:社長日記

 

皆さんこんばんは! HAKOYAパッケージコンシェルジュの塚本です。

 

10月も残すところわずか。

すっかり秋らしい季節になってきて、名古屋も朝晩は肌寒くなってきました。

 

皆さんはいかがお過ごしですか?

 

これからはクリスマスや感謝祭を控えて、世界中がホリデーモードに突入です!

今年はコロナのせいで、思う様に計画が進んでいない方も多いと思いますが、

そんな時でも、家族と友人、そして自分自身を労ってください。そしてみんなで笑って時間を過ごしましょう。

心の休憩が、とっても必要な時です。

 

HAKOYAはホリデーシーズンもお陰様で忙しくしています。

お酒や焼酎、ウイスキー用の高級箱の製作、そして、化粧品や美顔器など「美」に関わるあらゆるビジネス、業界様からの

引き合いをいただいております。HAKOYAは、いつも納得のいくものづくりに妥協を許しません!

安心しておまかせください。

 

特に、Vカット貼り箱、そして6色印刷機を使った3D印刷、最近では見る角度によって浮かび出る4D印刷など

なんでも可能になってきました。私の父親が現役の時代には考えられないほどの革新が起きており、

もし今父が元気に生きていたら、この様子を見せたい。そして私にいろんなアドバイスをして欲しいと切に願います。

 

さて、HAKOYAは、東京パック2021に出展する事が決まっており、今から急ピッチでブースのデザインやレイアウト、

展示品を企画しなければいけません。

 

「人の想いを包む大事なパッケージ。」

「想いを伝えるパッケージ。」

 

私は、この点に昔からこだわっており、今も未来も変わりません。

 

今日はちょっとだけフライングで、HAKOYAが製作したパッケージの一部をご紹介します!

ちょっと派手でバブリーな時代を思い出す?かもしれません。

 

 

 

 ブック型貼り箱です。広辞苑サイズで、全面印刷可能です。

 6色印刷で、生きた孔雀の動きや艶感も表現できます。
 

 

 Vカット貼り箱です。同じタイプの形状をGarmin社様から受注頂きました。

 

 



 

 Vカット貼り箱です。iphoneで有名なシャープな箱です。
 

 

 

 Vカット貼り箱です。こんなコスモポリタンな世界観も印刷できます。
 

 

そして、最後は、Vカット貼り箱をご紹介します。

 

さて、いかがでしたか?

皆さんのお好みはどんなパッケージ、どんな箱ですか?

 

是非HAKOYAにお聞かせくださいね。

 

今日もよい一日を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.10.30 Friday 01:51 | category:WORKS | comments(0) |
グリップシート通信 第17回【カット加工】

グリップシートのカット加工については、過去のグリップシート通信にて「在庫を持ってカット加工をしてくださる企業様を探しています」という内容を掲載したことがあります。

 嬉しいことに、以前からのお取引先様が、グリップシートを大ロットで購入しカット加工して、比較的小ロットで出荷してくださることになりました!

 営業ご担当の皆様、サイズのことがネックになって成約に結びつかなかった案件はありませんか?今一度アプローチをしてみると、もしかしたらお客様に喜んでいただけるかもしれません。

 

 引き続き、ロールでまとまった量を購入し在庫して、弊社在庫のものより大きいサイズのグリップシートに加工してくださる企業様を絶賛募集中です!

 グリップシートはお陰様で今年度は過去最高のペースで出荷数が増加しております。このビジネスチャンスを貴社で生かしませんか?

 

 

2020.10.15 Thursday 17:02 | category:- | comments(0) |
Goto トラベルで、博多美人とグリップシート

JUGEMテーマ:社長日記

JUGEMテーマ:防災グッズ

 

皆様おはようございます。

パッケージコンシェルジュHAKOYAの塚本です。

 

さて、今日は仕事で博多にきております。

1泊1.5日の弾丸出張です。GOTOトラベルの恩恵授かり、ホテル(4つ星)+航空券(名古屋・福岡)込みでなんと2万円!

経営者の立場としては、政府の皆さんのおかげで大変助かっています。

 

我が家のグリップシートは、関西方面のお客様からご要望が多く、ぜひ使ってみたい!試してみたい!というリクエストに

応えるため、居ても立っても居られなくなり、私のお客様にご挨拶に参りました。

HAKOYAのパッケージ事業部も、同時稼働中です。

 

コロナ渦中ですので、マスクを二重にして手洗いうがいをマメに行い、徹底的にプロテクトをしました。

「なるべくおしゃべりしないで食べる」とか「大きな声を出して話さない」(飛沫が飛ぶので)というのも常識になっていて、これが一番僕にはきついです。。拷問です。。

自分は小声だと思っても、大体、隣の方がびっくりして二度見されるくらい、僕の声はデカいのです!!

 

今日は、博多美人にもグリップシートをご紹介させて頂きました(プレゼンは以下動画を使いました)

「とても分かりやすい商品ですね」「うちでも使ってみたいです」「魔法みたい」「いままで知らなかったのが悔しい」

 

博多には本当に美人が多いですね!美人な人は性格も良いですね!!

 

グリップシートは、人の気持ちも上手に「グリップ」してしまいますよ、一度体験してくださいね。

 

 

2020.10.07 Wednesday 05:39 | category:WORKS | comments(0) |
Cool people wear Mask. Cool people know Gripsheet.(合コン編)

JUGEMテーマ:社長日記

 

皆さんこんばんは。10月になりましたね!(オクトバーフェストでビールだ!)

パッケージコンシェルジュHAKOYAの塚本です。

 

アメリカの友人から連絡があり、コロナ状況下の現状について話をしました。

政府の対応(主に補償面)については、もちろん国によって違えど、日本(アジア?)のマスク文化(慣習)は

素晴らしいよね、という話でした。

 

アメリカでは、現大統領においても当初はマスクの信憑性についてポジティブな発信はしていなかった(今も)けれど、

今はどこもかしこもマスク着用が義務付けられている。そんな状況に対して、当然という意識が根付く日本。

他方で、マスクを義務付けるという指示に反発する一部思想家がいるアメリカ。

公衆衛生の観点で・・という意味だとしても・・笑。


そんな中、友人が住むカリフォルニアのある大学では、学生発の「Cool people wear Mask」運動が盛んとなっているそうです。

Cool people wear Mask(=カッコイイ奴はマスクしてる)、つまり、マスクしてない人は「ダサいよね」という表現。

これが結構若者には入ってくるようです。マスクはもはやファッション。そう擦り込む方が、文化的に受け入れられやすいということ。

 

他方で、致死率の低い若い人たちを中心に相変わらず感染が途絶えないのもアメリカの特徴。人間同士の距離が近いということも

大いに関係しているようですが、

「自分さえ良ければ良い」ではなく「自分で責任を取る」から大丈夫であるという感覚。(どうやって取るのだ??)

 

弊社でも、「Cool people know Gripsheet」運動をしようかな!

 

 

・・以下、Coolな姉御肌A子と、そうでないB子の会話。

 

A「ねえ、グリップシート男って知っている?」

B「あー、聞いたことはある。。(汗)でも、身近にいないからよく分からないし、私には関係なさそう・・」

A「それってダサい!帰国子女で、清潔でコスパも良く、話も面白い【すべらない】イケてる男、って常識だよ」

B「そうなんだ・・トレンディな男子だね、会ってみたいし、話してみたいけど・・」

A「OK!ちなみに今夜、グリップシート男と合コンするから、Bもおいでよ」

B「ありがとう!(さすがAってクールだわ)」

 

グリップシート男については、ぜひこちらから。

私も合コンに参加します。笑

 

では!

 

 

 

 

 

2020.10.01 Thursday 01:59 | category:DIARY | comments(0) |
秋といえば・・食欲の秋、読書の秋、グリップシートの秋!

JUGEMテーマ:防災グッズ

JUGEMテーマ:社長日記

 

皆さん、いかがお過ごしですか?

今日はいよいよ9月最後の金曜となりました。来週から10月。今年もあと3ヶ月となります。

 

コロナウイルスのせいで、予定されていた出張は全てキャンセルとなりました。

展示会も無くなりました。皆さんとも対面でお会いすることが憚られるようになりました。

観光業、航空業、外食産業は特にご苦労されていると思います。心が痛みます。

 

経営者の皆さんは、よーくご存知かもしれませんが、

営業にしろ、資金繰りにしろ、ネットワークの構築にしろ、これまでは対面が原則(というか礼儀)でしたので、

アナログ世代の私には、ニューノーマルとかいう時代の到来を、正直あまり歓迎しておりません。

 

しかしながら、私の子供世代以降は、このニューノーマルが原則となるのでしょうから、

私も不本意ですが、新しい時代に慣れていきたいと思っております。皆さん色々と教えてください。

 

さて、「秋といえば、○○」

皆さんは○○に何を当てはめますか??

 

私は、秋と言えばグリップシートです。笑

はい、親バカです。笑

 

秋以降は、衣類や寝具が増えるように、お歳暮や引っ越しが増えるというので

物流業界は通常期以上に忙しくなるそうです。

 

こんな時にこそ、グリップシートで、物流作業を効率的に行いましょうねーー!!

 

グリップシートは、小売様にも少量からお買い求めいただけます。

 

モノタロウさん

https://www.monotaro.com/g/04274292/

 

アスクルさん

https://www.askul.co.jp/p/E771395/

 

では、驚異的なグリップ力をお楽しみください。(荷物の間に挟んでいる紙が、グリップシートです!)

 

おーー!激しいーーー笑。

しかし荷物は落下しないのです。不思議でしょ!?

 

それではハッピーフライデー!

 

2020.09.25 Friday 11:34 | category:WORKS | comments(0) |
NY発アイラッシュで、素敵な第一印象は、目元から♪

JUGEMテーマ:社長日記

 

皆様、おはようございます!

パッケージコンシェルジュHAKOYAの塚本です。

 

最近マスクファッションが定着してきて、夏用のクールマスク、ファッションに合わせたカラフルマスク、メガネが曇らないガラスマスクなど、様々なマスクオシャレがトレンド視されてきていますね!

 

顔の半分以上が覆われるマスクによって、他人に与える第一印象は、ますます目元に集中してくるような気がします。

特に女性の皆さんは、アイメイクに、より力が入ってくるかと思います。

まつエク、まつげパーマ、カラーコンタクトなど、様々なファッションアイテムがあり、

私のようなおじさんは、付いていくのが精一杯です。。笑

 

さて、この度、東京の三軒茶屋で人気のアイラッシュサロンCUPIDO Eyelash Design様が

NY発のプロ用アイラッシュVolume Lashes Coの総代理店をされることが決まり、弊社HAKOYAが

パッケージを制作させていただくことになりました!

 

 
 

サイズは2展開です。

ベビーピンク色のシルク素材を使ったパッケージに、ゴールドのロゴ。

当然、紙はFSC認証紙を使用し、森林保護にも注力しました!

 

ファッションのトレンド発信であるNYから、日本人女性の素敵な目元をさらに引き立てるアイラッシュ。

ぜひお試しいただけると嬉しいです。

 

お客様の情報は、以下の通りです。

 

NY発プロ用アイラッシュVolume Lashes Co Japan様

https://volumelashesco.jp

 

三軒茶屋アイラッシュサロンCUPIDO Eyelash Design様

http://cupido-eyelash-design.com/cupido/


 

今日も一日、素敵にお過ごしください!ハッピーフライデー!

 

 

 

2020.09.18 Friday 10:14 | category:WORKS | comments(0) |
Page: 1/35   >>

Profile

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Entry

Comment

Category

Archives

Search

Recommend

Feed

Mobile

qrcode