次のトレンドはこれだ!ビジネスマン必見。

JUGEMテーマ:社長日記

 

皆さま、こんにちは!

HAKOYAパッケージコンシェルジュの塚本です。

我が第2の故郷、カリフォルニアは、トレンドの発信地です。

言わずと知れたシリコンバレーをはじめ、多国籍な創作フードやセレブファションが凝縮した場所です。

 

さて、カリフォルニアに住む私の育ての母と久しぶりに再会。

BYOスタイルで皆んなが食べ物を持ち寄り、パーティ開始です。

私の担当は、いつもジャパニーズ炒飯。ハムと卵と玉ねぎが入ったシンプルな醤油風味の炒飯。

日本人なら誰しも懐かしい、トレンドとは無縁の食べ物。

私の友人のアメリカ人が皆んな喜んでくれる魔法の食べ物です!!

 

あれ?何か違う。

昔と違う。。

 

 母の冷蔵庫。食べ物がいっぱい。

 昔は残った食事を大事にジップロックに保存して、標本のような冷蔵庫だった。

 今は、茶色の袋がたくさん。。

 

 
 

 「リサイクルしてねー」って、これは使い捨ての紙袋ではないみたい。

 答えは、ここにありました!

 紙製の「リサイクルバッグ」なんと中に液体を入れても漏れない。

 

 そして、「この袋は、サラダバーよりヘルシー(環境に優しい)のよ」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんもご存知の通り、海洋の生態系を守るために、カリフォルニア州では、プラスチック製のストローやプラバッグが

ほぼ禁止になっている。

 

サステナビリティを謳うビジネス業界は、いち早く、環境対策に取り組み、プラスティックに代わる商品を生み出している。

買い物の際にエコバッグを持つ習慣も、外食の際にマイ箸を持参することも、ストレッチフィルムを使う代わりにグリップシートを使うことも、全て共通の理念だと思う。

 

最近日本でもリサイクル法の改定があり、脱プラスチックが主流になりつつある。

大手メーカーを筆頭に、時代は、グリーンを求めている。

 

来年は、いよいよ、東京オリンピック。パラリンピック。

 

世界中から日本に注目が集まる。昔の日本は凄かった!今の日本はどうだ?

 

日東電工CSが扱うグリップシートは、人の流れと物流が増える程に、作業効率を上げる素晴らしい商品。

自然にも優しいグリーンな滑り止めシート。

https://www.nittocs.co.jp/show?product_code=NDCP00141

 

梅雨や台風の湿気にも強い、クリアグリップシートもある。

 

世界のトレンドを見ていると、結局のところ、ハイテクはローテクから成り立っていることを、再度実感する毎日。

 

皆さん良い休日を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

2019.07.27 Saturday 12:45 | category:WORKS | comments(0) |
Entry: main  << >>
Comment








Profile

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Entry

Comment

Category

Archives

Search

Recommend

Feed

Mobile

qrcode